STORY

ノア「或る鳥」

――その男は、雲一つない夜に傘を持って現れた。

記憶を失い、気づくと見知らぬ鳥居の下に立っていたあなたは、
謎めいた黒衣の男と出会う。
彼の導きで鳳嶺島と名付けられた島で過ごすことになったあなたは、
慣れない暮らしの中で、さまざまな選択に迫られていく。

それは、失った記憶を取り戻すためか。
それとも、何かを永遠に忘れたままでいるためか。

「――お前を見つけたのは私だ」
あなたを【呼鳥】と呼ぶ黒衣の男はノアと名乗り、
あなたのあらゆる選択を静かに見つめているのだった――。